PRESS RELEASE

就職イベントのVR職場体験で面談数が1.3倍! 体験者の約8割が「仕事を決定する決め手になる」と回答

サムネイル

ジョリーグッドは 、ディップ株式会社が主催した、就職・転職イベント「しごと発見フェア」(以下、本イベント)にて、VR職場体験の展示を連携で行いました。

2019年1月26日(土)秋葉原で行われた本イベントでは、飲食店のホールキッチン業務や宅配などの配送ドライバー、航空機を操るグランドハンドリング業務※1など様々な業界のVR職場体験を展示し、体験者に任意のアンケート調査を行いました。体験者の約8割が「仕事内容への興味が高まった」や、「VR職場体験が仕事を決定する決め手になると感じた」と回答し、来場目的としても求職者の就労意欲を高める結果となりました。

※1 グランドハンドリング:航空機の着陸後に駐車場までの誘導や機体のチェック、航空貨物の搬入などを行う業務のこと

 

■VR体験後の面談数は通常に比べて1.3倍

本イベントの来場者アンケートの結果、来場目的上位3位以内に「VRしごと体験」と回答した来場者が多く、「情報収集」の次に高い注目と集客力があったことがわかりました。

またVR職場体験を導入した企業の面談数は、導入していない企業に比べて1.3倍高いスコアとなりました。事前に業務の内容や職場の雰囲気を疑似体験できたことで、求職者の企業への興味をより高める展示となりました。

VR職場体験をした来場者へのアンケート調査の結果、約8割が「仕事への興味が高まった」「仕事を決定する決め手となると感じた」について、「そう思う」と回答しました。特に、Q1「現場の雰囲気を体験でき、自分がそこで働くイメージが湧いた」90.7%が高い割合を占め、VRで実際の仕事を体感することで、求職者の就労意欲を高めることが伺えた結果となりました。

 

プレスリリースはこちら