PRESS RELEASE

新型コロナ重症患者の最後の切り札「人工肺ECMO教育VR」開発!日本COVID-19対策ECMOnetと共同

サムネイル

~厚生労働省が推進する新型コロナウイルス感染症対策の一環として~

ジョリーグッドは、新型コロナウイルスの重症呼吸不全の治療に使用する人工心肺ECMO(Extracorporeal Membranous Oxygenation)※1の教育組織日本COVID-19対策ECMOnet(エクモネット)と共同で、ECMOトレーニングVR(以下 本ソリューション)を開発しました。

本ソリューションは、日本COVID-19対策ECMOnetで活動するECMOの専門医らが監修し、「実際の患者への処置」と「シミュレータによる模擬手術」を術者目線で体験学習できるVRコンテンツを制作しました。本ソリューションでは、緊迫する現場での医師や看護師の動きを360度VR化し、需要の高まるECMOについて、医師、看護師および臨床工学技士等に向けて提供し、ECMO治療の有効性、安全性の普及に貢献します。

※1:重症呼吸不全患者または重症心不全患者(時に心肺停止状態の蘇生手段として)に対して行われる生命維持法

プレスリリースはこちら

<メディア掲載>